スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

どうして一度でも、一滴でも酒を飲んではダメなのか

2009.07.02 (Thu)
 人は、良くも悪くも変わるのであり、新しい環境に適合していく。

 「ちょっと酒を飲む」ということは、「ちょっと酒を飲む」ことを自分に許したのであり、実際にそうする人間になるということだ。
 注意すべきは、「なる」というベクトルが発生していること。“私”は「ちょっと酒を飲む」人間に再定義され、この動きは再帰的な力を内包してる。「ちょっと酒を飲む」の「ちょっと」は、次の段階の「ちょっと」を生む。
 飲む飲まない、少し飲むいっぱい飲むは程度の問題だ。しかし、裏の別のレベルでは決定的で、ほとんど不可逆的な質的変化を遂げている。「ちょっと」の再帰的な力は、複利の力にも似た天文学的結果をもたらす。それは自動的であり、つまり「依存」という状態を作出する。

 最近感銘を受けた次の森祇晶の言葉は、同じ力学を言っている。
 大きな損得で言えば、見えないところで手抜きをしないと決めてかかるほうが得なのである。冒頭に書いたように、仕事で飯を食いながらいろいろなことを学べるからだ。
 これをありがたいことと腹から思えれば、もったいなくて手抜きなどできなくなる。小さな手抜きを覚えれば、大きな手抜きがしたくなる。それが大きな得をしたように感じてしまう。
(森祗晶『ここ一番で腹をくくれるか』波乗社 1999年)

 ちょっと飲むことを覚えれば、大量に飲みたくなる、大量に飲んでもいいと感じてしまう。飲まないことを「決めてかかる」ことが大切なのだ。
スポンサーサイト
【編集】 |  06:58 |  飲酒を回避する─心構え  | トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑

コメント

■承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2009.09.09(水) 00:44 |  | 【コメント編集】
■承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2010.04.07(水) 11:48 |  | 【コメント編集】
■承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2012.07.08(日) 05:48 |  | 【コメント編集】
コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。