スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

アルコール依存者の悩み 飲み会の断り方

2007.10.07 (Sun)
 この本、とっても薄いけどとっても共感でき、役に立ちそう。

「酒のない人生」をはじめる方法 (アルコール依存症〈回復ノート〉 (1))
「酒のない人生」をはじめる方法 (アルコール依存症〈回復ノート〉 (1))アルコール問題全国市民協会

おすすめ平均
stars効きました
stars夫と二人でのりこえたい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 仕事をしていると、何かと飲み会に誘われることがある。その対処法として、大変参考になった。

 依存症という病気とかしこくつきあうコツは、「いつも回復が第一」ということ。
 どんな理由や都合よりも、回復が優先です。
 仕事よりも、友人づきあいよりも、回復が優先。
 見栄やプライドよりも、目標の達成よりも、回復が優先。
 恋愛より、結婚より、家族や子どもより、回復が優先なのです。
 それを見失うと、結局その他の大切なものもすべて、指の間から砂のようにこぼれ落ちていきます。

 断酒して18年になる高野さんは、中小企業の人事部長です。
 断酒まもない頃は一切の酒席を断りました。いまでは仕事上酒のある場に出なければならない場合、「30分で切り上げる」ことをルールにしています。どんなに誘われても長居はしない。30分を過ぎると座が乱れて危険になるから。
 「回復を危険にさらすぐらいなら仕事を失うほうがまし」と腹をくくって考えてきましたが、結果的には無事、定年を迎えようとしています。

 回復をすべての中心において、新しい生活をつくっていくことが大切です。


 「回復が優先」と、酒席は断る、万一出席しても「30分で切り上げる」、はそのまま私の生活に取り入れたい。会費をフルで払っても、30分で出る──60分でもいいかな──のだ・・・。
スポンサーサイト
【編集】 |  16:08 |  飲酒を回避する─心構え  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。