スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

戦うべきは幼少期のストレスか~目の前のストレスに圧倒されないために

2007.09.17 (Mon)
なぜいい女はパッとしない男に惚れるのか? 誰も知らない60の脳のお話 (アスキー新書 21) (アスキー新書 21)
なぜいい女はパッとしない男に惚れるのか? 誰も知らない60の脳のお話 (アスキー新書 21) (アスキー新書 21)澤口 俊之

おすすめ平均
starsインチキ脳科学を食い止める防波堤

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 大人が飲みすぎるのは、その時点でのストレスなどのせいだと思われがちです。確かにそういう側面もありますが、アル中になるほどの過度の飲酒は脳を萎縮させます。


 幼少期のストレスによって、脳の萎縮さえ伴うような飲酒行動が大人になってから現れかねないというわけです。多くの人は大人のストレスを気にしますが、子どものストレスはあまり気にかけないのではないでしょうか。脳の発達にとって幼少期はとても重要です。幼少期こそ、ストレスを気にすべきなのです。そうでないと、過度の飲酒に走るくらいですから、神経症的だったり、臆病だったり、不眠がちだったりなどの症状も現れやすくなります。いわば軽いPTSD的な症状です。


 仕事のストレスが再飲酒を引き起こす、起こしそうになることは普通に経験すること。そこで対処しようと思うのは、目の前の、感じている「ストレス」だが、本当の戦うべき、対処すべき相手は幼少期のストレスとその記憶なのかもしれない。
 かと言って、完璧な幼少期を過ごす人なんてそういるものじゃないし、何より幼少期をやり直すことも出来ない。
 ともかく、過去を、その記憶を清算する必要がある。目の前のストレスに圧倒されずに、そのストレスをストレスと思う自分、それに圧倒される自分、もしくはそういう自分に陥らせる自分の中の“何か”を見つめ、これをやっつける!!
スポンサーサイト
【編集】 |  14:07 |  過去を分析する─アダルトチルドレン  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。