スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

断ち切れ!悪循環─“酔い”の条件付けが“しらふ”の私を侵蝕する

2007.05.30 (Wed)
【“酔い”の条件付け 第1段階】
 「酔っ払う」ことに期待し、また、「酔っ払う」ことで意識的に実践していたこと:
◆酒を飲んで十分に酔っ払ったら“リラックスする”
◆酒を飲んで十分に酔っ払ったら“本音を言う”
◆酒を飲んで十分に酔っ払ったら“楽しむ”

 これがために酒を飲んでいた。しかし、この条件付けを繰り返すうちに以下の消極的な考え・思い込みに固まっていった:

【“酔い”の条件付け 第2段階】
◆酒を飲まないとリラックスできない
◆酒を飲まないと本音を言えない
◆酒を飲まないと楽しめない

 「酔っ払う」ことでしか、「リラックスできない」し「本音を言えない」し何も「楽しめな」くなってきた。そういう自分なんだと“あきらめ”が入ってきた。ここからさらに、日常の自分を制限・限定するようになった:

【“酔い”の条件付け 第3段階】
◆「しらふ」のときはリラックスしない
◆「しらふ」のときは本音を言わない
◆「しらふ」のときは楽しまない

 「しらふ」のときにはリラックスせず、言いたいことも言うべきことも言わず、悲観的になったのだ。いわば、ストレスをためようという積極的な意思を持ったのだ。

 後段階は前段階を強化する。悪循環が生まれ、依存の罠にはまっていく。この気づきを大切にして、悪循環を断ち切る。そして、以下の新しい条件付けに自分を持っていくぞ!!

【新しい条件付け】
◆普段から“リラックスする”
◆普段から“本音を言う”
◆普段から“楽しむ”
スポンサーサイト
【編集】 |  06:55 |  飲酒を回避する─心構え  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。