スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

アルコールが勇気をくれる?!

2007.04.30 (Mon)
 アルコール依存は諸悪の“原因”ではない。“結果”だと思う。

 私はとても恐がり。他人、この世の中、そして、それらに囲まれて生きていくことにいつも大きな恐怖心を抱いていた。
 それでも生きていくとしたら・・・とにかく社会へ目をつぶって息を止めて飛び込んで行く。我慢して我慢して仕事の時間が過ぎたら、家へ、自分の中に逃げ帰っていく。苦痛を拭い去るのに、自分の体と心をアルコールで清める必要がある。それで、飲酒、飲酒、飲酒。日々この繰り返し。絶望的。

 この「恐怖心」さえなければもっと生きやすいのに、と何度思ったことか。ヒーロー者の映画や本を読んで真似して豪胆さを装ったり、アルコールの力を借りて無用な「神経過敏」を取り除こうとした。自分の「神経質」を軟弱な弱い人間と卑下した。
 次の言葉は「恐怖心」の本当の意味を教えてくれた。 

 人間にとっての恐怖心は、家の火災探知機のようなもの。「危険が近づいてくるぞ」と教えてくれる、とても便利な道具なのです。しかし、危険を探知しても、その「原因」を取り除こうとしなければ、火災探知機を止めて火事がおさまったと思うのと同じ。火災探知機が止まれば消防隊は来てくれませんから、問題の解決方法まで失ってしまうことになります。つまり、お酒を使って恐怖心を消すのは、火事が消えていないのに火災探知機を止めるのと同じことなのです。恐怖心の原因を取り除くこと、問題を根本から解決することを完全に拒否しているのです。


 確かに。恐怖心は必要なのだ。じゃあ、これに対しアルコールはどんな働きをしてくれるのか。

 高校生のときある音楽舞台で、一人で歌い回る役をやったことがある。イヤでイヤで仕方なかった。そこで本番当日、いわゆる「気付けの一杯」で、ワンパックの日本酒を舞台裏でグイとやったのを覚えている。これで無い「勇気」を振り絞れるのでは、と思ったのだ。
 もちろん、これは通常酒なんて飲んでいない時代の話だ。

 パイロットは計器が正しく作動していないことに気づけば恐怖心を感じます。同じように、人間はお酒で自分がだんだん無防備になっていくのを感じると、恐怖心が増します。そして、酔っ払って恐怖心を麻痺させることで、勇気が出たと錯覚するのと同じように、酔っ払って恐怖心が増すことによって、勇気がなくなるという錯覚に陥るのです。
 お酒は勇気を与えてはくれません。お酒は勇気を奪い去るのです!
 誰にでもわかることなのに、どうして酔っ払いにはわからないのでしょう? それは、生まれた時から「お酒を飲むと勇気が出る」と洗脳されてきたからです。
 でも、それは幻想です。お酒を飲んでも勇気や自信はつきません。反対に「自分には勇気も自信もない」と思い込んでしまうのです。


 「生まれた時から『お酒を飲むと勇気が出る』と洗脳されてきた」のだと思う。高校時代の一件はその証左だ。そしてその後の飲酒の習慣は、「『自分には勇気も自信もない』と思い込んでしまう」悪循環に陥らせたと思う。

 私は小心者だ。これがイヤだった。恐怖心がそうしているのだと思い、この恐怖心そのものを取り除くことばかり考えていた。恐怖心と戦い、これを打ち消す努力ばかりしていた。しかし、恐怖心は生きていく上で必要な機能なのだ。恐怖心はあって良いもの、あって当然のものであり、これと共存し利用していくべきものだったのだ。
 何をやっても達成感がなく他人事。経験が身にならなく、自信へと蓄積されていかない。私にはそんな感覚がある。それはアルコールでもらったと錯覚した「勇気」に基づいた人生を送っていたからなのかもしれない。

【参考にした本】
読むだけで絶対やめられる禁酒セラピー
読むだけで絶対やめられる禁酒セラピーアレン カー Allen Carr 阪本 章子

おすすめ平均
stars感想
stars同意できない
stars私には利く
stars真のアル症者にとっては、如何なものか?
starsそうか、そう考えればいいのか…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
【編集】 |  11:54 |  過去を分析する─酔いへの期待  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

アルコールで「緩慢な自殺」を

2007.04.29 (Sun)
TVでスピリチュアル・カウンセラーの江原をよく目にする。
ゲストの向井が、かつて流産したときに自分が嫌いで仕方なく、
周りにそれを当り散らして、イヤな人間だった、と告白していた。
それに対し江原は「あなたは自暴自棄だった」とさとした。

私もイヤな人間だった。今はどうか知らないが、
かつてははっきりそうだった。思い出しただけで顔が真っ赤になるくらい。
そして何より自分が嫌いで仕方なかった。一言で言えば「自暴自棄」だった。
自分が嫌いな人間は、他人も世の中も、何でも嫌いになるらしい。

まずくて、体も頭もおかしくなるアルコールを浴びるように飲んで、
ゲーゲー吐いたり、人間関係がおかしくなったり、二日酔いでダメ人間になった気分になったり・・・。
退廃的になり、堕ちていく自分の姿にある種の“達成感”と“快感”を覚えていた。
嫌いでイヤな自分に対して「ざまぁみろ」と思っていた。「馬鹿だな、俺」と自分を嘲笑していた。

どこかで聞いたが、アルコール依存は「緩慢な自殺」だという。
死への欲望が飲酒に駆り立てていた部分は確かにあった。
自分の生を呪って、アルコールで自分をいじめていたのだ。
いつのまにか飲酒が習慣になっていたが、これの最初の動機を無意識にしちゃいけない。
〔死への欲望〕とそれを満たす手段としての〔飲酒〕という関係をだ。

ここ数年、身近な人の大きな助けと愛情もあり、
私は「生きたい」、そして、「生きていかねば」とはっきり思えるようになった。
そうした今、やっと断酒に踏み切ることが出来た。もう自分を傷つける必要も理由もない。
自分や大切な人を守っていかなければならない。アルコールに堕するわけにはいかない。
【編集】 |  21:17 |  過去を分析する─酔いへの期待  | トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑

アルコールと心疾患

2007.04.27 (Fri)
今日で断酒、まる30日!! あと少しで一ヶ月。

体調が良くなってきている、と感じる。
かつて、通勤時の電車の乗換えで階段を上がった(もしくは下りた)直後、
心臓がバクバクいって、ついでに不整脈とその不快感があった。
走ったわけでもないのに。それが今なくなっている。

酒飲みが心臓関係の疾患で死んだ話はよく聞くけど、
やはりアルコールとの相関関係はあったのか。。。
私の昔の身近な人も、ビジネスで成功しつつあるとき
ハードワークと酒で心臓を患い、死んだ。残念だった。
他人事じゃないな。
【編集】 |  06:34 |  日々を記録する─体調の変化  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

怖い すい炎

2007.04.25 (Wed)
昨晩、NHKの番組見ていたら「すい炎」の特集をやっていた。

アルコールを大量に飲むことですい臓が過剰に刺激を起こし、負担になる。わが国の慢性すい炎の半分以上がアルコール性であるといわれているそうな。量や期間としては、ビール大瓶3本、ワインだったら1本を毎日10年以上続けたら、慢性すい炎の可能性大。「ワインだったら1本を毎日10年続けたら」に私は該当する!!

症状として腹部の鈍痛があるらしいがこれはないから、ちょっと安心しているが・・・。こんなチェックサイトがあった。

■慢性すい炎危険度チェック
http://www.webdoctor.ne.jp/cgi-bin/WebObjects/101adf5bb10.woa/wa/read/10519d5fac2/

結果は:

かなり深刻な状態にある可能性があります。一度、専門医(内科・消化器科等)で受診することをお勧めいたします。

◇慢性膵炎
 膵管の狭窄、閉塞のため、持続性あるいは反復性の上腹部痛がみられます。背部痛を伴うことも多いとされています。特徴的なのは、天ぷらなどの油分の多い食事や、飲酒後に、腹痛、背部痛が起こることです。その他、食欲不振、悪心・嘔吐、体重減少などもあります。しかしながら、自覚症状のない無痛性膵炎が約15%に存在するといわれています。

やばい、やばい。
治療は内科的/外科的なものがあるようだが、まずなにより酒飲んでる人は「禁酒」。食生活としては、脂肪の摂取を控えて、良質なたんぱく質をとることだ。とりあえず、この断行あるのみ!!
【編集】 |  07:06 |  アルコール依存とは─悪影響  | トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑

父親からの暴力

2007.04.22 (Sun)
 親の飲酒によって家族の誰かが困っていればそれは「問題飲酒者」。
 私の父親は今から思うとまさにこれだった。このような家族の中で育つ子どもは三重の苦しみを味わって育つのだそうだ。

 第一の苦しみは、父親から受ける酔っての暴言や・暴力や、しらふと酩酊の交代する人格のはざまでふりまわされる混乱によるものである。これらは虐待といっていいほどの残酷なものである。心的外傷(トラウマ)として対象化が可能であろう。父親の酔ってドアを叩く音が三十歳を過ぎてもよみがえり恐怖感で動なくなるという人もいる。


 これ俺だ! マンションやアパート住まいで、隣や下から「ドン!」とか音が聞こえると、ドキ!っとする。「やるが来る」と反射的に思うのだ。「やつ」とは父親である。でも今は100kmも遠いところで10年以上暮らしている。動けなくなるまでは行かないけど、今でもあの恐怖は体に染み付いて離れない。

そんな父親との生活が日常である時、子どもは家族の中で生き延びるためにいくつかの技術を身につける。たとえば「見ない、聞かない、信じない」ようにして自分を守るのだ。


 そうなのか、最近は随分私も回復してそういう意識は薄れてきたが、確かにそうかも。「見ない、聞かない、信じない」という壁は、まだ自分の中に残っていると思う。この壁を突破していきたいと思う。

依存症
依存症信田 さよ子

おすすめ平均
stars現代の依存症
starsしっかりした本で驚きました
stars依存症はなにか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【編集】 |  13:07 |  過去を分析する─アダルトチルドレン  | トラックバック(2) | コメント(0) | Top↑

つらいこと苦しいことがあれば飲酒欲求が・・・

2007.04.17 (Tue)
 元(?)アルコール依存症の人が書いた本。

アルコール依存社会―アダルト・チルドレン論を超えて
アルコール依存社会―アダルト・チルドレン論を超えて中本 新一

おすすめ平均
stars真剣と書いてマジと読む

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 あまりにも共感したんで抜書きしたい。

 わたしは酒をやめてから体が軽くなった。飯がうまい。花の美しさが心にしみるようになった。しかし、日々、しらふですごすことは痛苦にみちていた。つらいこと苦しいことがあれば飲酒欲求が喉の管をやぶるような勢いで襲ってくるのであった。キュッといっぱい引っかけたい、正体をなくすまでへべれけに酔っぱらいたい。テレビの画面に、ビールをゴクッゴクッと喉を鳴らしてうまそうに飲むシーンが映る。自販機で酒を売っている。こうしたものが飲酒欲求という油に火を点けるのであった。わが国のような社会で酒を断っていくのはまさに艱難きわまる。


 そうだよね! わかる。そういう欲求が起きはじめると、頭を別に反らすようにしている。もしくは、気持ちがおちつくサプリを飲んでいる。
 まだ読んでる途中の本。よく読んでおきたい。
【編集】 |  07:05 |  アルコール依存とは─体験談  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

アルコール依存と“うつ”の関係

2007.04.15 (Sun)
アルコール依存もイヤだが、クスリ依存(精神クスリを含め)もイヤだ。

生田哲氏の本は何冊も読んでいる。
「抗うつ薬SSRIに頼らず生きる」が売りの本書。

「うつ」を克服する最善の方法―抗うつ薬SSRIに頼らず生きる
「うつ」を克服する最善の方法―抗うつ薬SSRIに頼らず生きる生田 哲

おすすめ平均
starsSSRI服用者の大多数が嫌悪する本
stars副作用のない薬などない
starsまだ結果は出てませんが
starsSSRIの副作用って、私のことを書いているのかと思った(笑)
stars半ばトンデモ本、そう思って読むなら良し

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サプリや運動を含めた生活習慣改善により「うつ」を何とかしのごう、という彼の考えに、私は共感している。今まで私は、サプリと運動の他に、「アルコール」という強力な(?)武器を使っていた。だが、これを捨てた。やはり、アルコール依存とうつは密接な関係にあるのだ。

問題はアルコールではなくて、“依存心”や、さらにそれ以前に何かに頼りたくなるまでに自分を追い詰めるような考え方、生き方なのだろう。
【編集】 |  18:13 |  飲酒を回避する─心構え  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

飲みすぎは免疫系を弱める?

2007.04.13 (Fri)
治療中の歯が調子が良い。

神経を抜いた奥歯の歯茎が腫れていた。
歯自体については「根管治療」が施されたが、
その奥の奥、歯茎の中の部分にはどうしても膿が残ってしまうようだ。
現在様子見状態で、歯科医は以下を判断しようとしている。
◆これが、快方に向かうようであれば歯を残して被せ物をする。
◆悪化するようであれば、歯を抜く方向で治療する。
私はできるだけ歯を残したい!

酒を飲んでる間は、疲れが重なると膿がひどくなった。
アルコールをやめている現在、膿がひいている。
歯の違和感もなくなった。

やはり、アルコールの飲みすぎは免疫系を弱めるからだろうか、
傷や、今回のような膿の治りを妨げるようだ。
歯のためにもアルコールはもうオシマイ!!
【編集】 |  07:11 |  日々を記録する─体調の変化  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

断酒してなんとか2週間経った

2007.04.11 (Wed)
昨日は会社の人に飲みに誘われた。断った。
酒を別にして行きたい飲み会だったんだけど。。。
今はまだムリ。行ったら飲んでしまいそう。

酒の場を借りずに、オープンマインドで
人とコミュニケーションする術を持たないと、と痛感した。
まだ今の私には、烏龍茶で飲み会に出る感覚を理解できない。

ここ数日風邪をひいたりしたけど、
基本的に体調は良い。頭も以前よりクリア。

ちょっときつい仕事が回ってきそうだけど、
“HALT”に注意してこのままアルコールのない生活を楽しみたい。
【編集】 |  07:01 |  日々を記録する─雑記  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

強い酒を飲んでも平気なのがカッコいい?!

2007.04.08 (Sun)
私は20過ぎ頃から積極的に酒を飲み始めた。
常にハイペースでガンガン飲んだな、初期のころは特に。
でも味は嫌いだった。フリスクかじりながら、ウィスキー飲んでたもんな。

よくよく思い出してみると、必要以上に飲んだのは、
根本的な不安感を拭い去ろうという理由以外に、
こんな不純(?)な動機で飲んでた。

1.チョイ悪っぽい感じでカッコいいかなと思った。
2.どんなに酔ってもおれは平気なんだ、と皆や自分に誇示したかった。
3.それにより、どんな逆境にも負けない強い人間だと証明したかった。
4.ゲーゲー吐いたり、二日酔いでヘロヘロになったりして、自己破滅的な芸術家風を演出したかった。

高校生が偉そうにタバコをふかす、あの感覚と同じ、
いやそれ以下の馬鹿げた子どもじみた話だ。
でもあのときの感覚はまだ残っているな・・・。

アルコール依存の衝動には、案外こんなヒーロー願望が潜んでいる。
もうそろそろ歪んだ美学からは卒業だ。

【参考になった本】
読むだけで絶対やめられる禁酒セラピー
読むだけで絶対やめられる禁酒セラピーアレン カー Allen Carr 阪本 章子

おすすめ平均
stars感想
stars同意できない
stars私には利く
stars真のアル症者にとっては、如何なものか?
starsそうか、そう考えればいいのか…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【編集】 |  21:36 |  過去を分析する─酔いへの期待  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

サプリでアルコール依存の緩和

2007.04.07 (Sat)
私はサプリ好き。アルコール依存に良さそうなのを探した。
“クズ”がいいらしい。

本製品は、アルコール依存に効果があると言われ、古くから中国でも使用されているハーブ、クズの根と花を配合しています。
肝臓の洗浄効果などをサポートするオウレンやその他、数種類の中国の伝統的なハーブを配合し、アルコール依存の緩和を助けるようにデザインされています。


要はクズ=葛。葛根湯の「葛根」のようだ。
アルコールへの欲求の抑止のため、たまに筋肉がこわばったとき(離脱症状かなんかは知らないけど)、葛根湯を飲んでいる。もともと風邪引きそうなときは飲んでいるが。
いずれ上記商品も試してみたい。安いし。

断酒10日目。ここ十数年で大最長記録。
【編集】 |  10:42 |  飲酒を回避する─サプリでどうにか  | トラックバック(1) | コメント(0) | Top↑

HALTに注意!!

2007.04.05 (Thu)
再飲酒(スリップ)の強い誘因となる状態に、次の4つがあると言う。

1.空腹時(Hungry)
2.機嫌を損ねているとき(Angry)
3.寂しいとき(Lonely)
4.疲れているとき(Tired)

頭文字をとってHALT。特にいくつかが同時に重なったときが危険。
依存症になるとHALTのどれかが生じるだけで体が条件反射的にアルコールを呼び寄せる。いったん起きた飲酒欲求は、すぐには消えない。体調や感情をHALTの状態に置かないようにするのが肝要。

この本↓が教えてくれた。アルコール依存問題に関する総合的な情報集。なかなか役に立つ。

アルコール依存症―治療・回復の手引き
アルコール依存症―治療・回復の手引き高木 敏 猪野 亜朗


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【編集】 |  06:58 |  飲酒を回避する─心構え  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

アルコール依存症の子はアルコール依存症になる?!

2007.04.03 (Tue)
 アルコール依存患者の家族、特に子どもに対する悪影響について。

 アルコール依存症患者は、家族に緊張と恐怖をもたらす。家族は絶望感を感じ、また、外に向かっては家庭にアルコール依存症患者がいることを恥と感じて、身内だけで抱え込む。だから日本では対策が遅れ、アルコール依存症がひそかに増え続けた。
 夫による妻や子どもへの暴力、あるいは言葉の暴力が絶えず、母が夫への恨み言を子どもに言い、子どもが母をなぐさめる。こういった環境は子どもに混乱をもたらす。
 子どもは内でも外でも孤独にならざるをえず、しかし、子どもには帰るところが家しかないため、さらに子どもの孤独は増殖していく。
 そうして育った子どもは、「自分なんか生まれてこなければよかった」と思うようになり、ほんとうの自分を主張できず、まわりに合わせることばかりしながら成長する。
 そして、気にするのは「他人ばかり」であったり、真面目すぎたり、責任を取りすぎたり、無責任であったり、「自分は他人とはちがうのだ」といつも考えていたりするといわれている。
 心に生じた歪みは、現実社会のなかでさまざまな挫折感をもたらし、その逃避として手近なアルコールへと向かい、自分では「いやだ」と思いながらも親と同じ道を歩んでしまうことも多い。


 で、アダルト・チルドレンの出来上がり!っていうわけだ。
 上の記述はまさしく私が歩んできた道だ。びっくりするくらい当てはまる。考えてみたら私の父はアルコール依存症だったんだな・・・。私もああはなりたくないと思っていた。でもなりつつあった。この事実をよく噛みしめよう。
 上記引用はこの本から。良い本です。

泣いた分だけ笑わしたる
泣いた分だけ笑わしたる岡 八朗 市岡 裕子

おすすめ平均
stars岡八朗さんを知らない人にも是非読んでもらいたい
stars人間は一人ではない!
stars感動しました!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【編集】 |  06:57 |  アルコール依存とは─体験談  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

酒に求めていたもの

2007.04.01 (Sun)
酒に求めていたもの、それは“逃げ”だ。

高揚、その後の睡魔により悩みやイライラから逃れる。
でも、夜のアルコールにこの効果を期待することで、
普段のイライラを許してしまっていた。
今の時間、今の生が台無しでもいい。酔いが救ってくれるのだから、と。

それよりも、普段から酔っ払っていよう、酒なしで。
いわば“ナチュラル・ハイ”で行こう。地で酔っ払っていりゃいいんだ。
今を大事に、今を楽しんで生きていこう。

・・・今日で断酒4日目。
【編集】 |  18:59 |  過去を分析する─酔いへの期待  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。